No.19

物凄い勢力だった
台風19号
 
前々から、
備えや災害規模予想について
ニュースが伝えられた
 
 
「いのちを守る行動を!」

昨日のニュースで
何回聞いたことか
 
普段
そんな危機感持って生きてない
 
「何をどうすれば?」
自分なりに考えられることをやってみた
 

 
そうすると
やれることって
そんなに多くないって事に気づいた
 
  
どうしても必要なものって
そんなにないのかも
 
備えられるものって
そんなにないのかも
 
 
屋根がある家に住み
冷蔵庫で食べものが備蓄でき
温かいお風呂に入れて
 
 
あー
「生きているだけで幸せなんだ」
 
真夜中の避難指示に
心震えながら
感じた 
 
10月19日
母の命日
あの日は金曜だったな
 
くしくも同じ
「19」
そして10月
 
傲慢さを振りかざして
生きてしまっている
わたしへのメッセージ
そんなふうに
個人的に感じていた
 

一方で、 
ネパールの山間部に行ったら
屋根が無い
ヤギや牛のとなりが寝室
水のシャワー(あればいい方)
 

この体験があるから 
どこかでどうにでもなるかな
 
そんなひとまわり
たくましくなっている
自分自身を
あらためて
俯瞰してみた
 
 
そして今は
台風一過
ご褒美のような
いつわりのない
青空が広がっていて 
 
  
さあ
またがんばろうっかな

 
そんな秋の三連休