ヨガとセロトニンの関係


セロトニンは、別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、精神を安定させる働きをもつ神経伝達物質です。


セロトニンが不足することで気分が低下し、うつ病の発症にもつながります。


セロトニン分泌を高めるには、リズミカルな運動を行うとよいとされており、うつ病や不眠症などの精神疾患にも効果的だと考えられています。


そのほか、朝の太陽の光を浴びることや、セロトニンの原料となる必須アミノ酸のトリプトファンを食事から摂取することでも分泌が高まります。


トリプトファンは、肉や魚、大豆製品、乳製品などに多く含まれています。


毎日の食事にバランス良く取り入れると良いですね!





銭湯でヨガ始まります♨️

湯ったりひろーいお風呂に浸かるのも、リラックス効果が高い!


遠くに行かなくても、「癒し」はあります✨




++++++++++++++++++

ご予約・詳細はこちら💁‍♀️

浦和で創業62年 鹿島湯 ~ホームなのにアウェイ~ にて

https://coubic.com/kalpanayuj

++++++++++++++++++