シシャとグル

弟子(シシャ) とグル(師匠)

グルとは、「暗闇を照らす人」「無知を取り除く人」 と解されます。

シシャとグルの関係は、時には、親子・兄弟よりも強い絆と信頼関係が生まれます。



ヨガでは、生徒と先生ということになりますが、上司と部下
先輩と後輩
社長と従業員

と言い換えても同じ意味です。



優秀なシシャが、グルを超えることがあるかもしれません。


グルは、利他的精神でシシャの成長を喜びます。


競争社会で生きるわたしたち。
勝ち負け・優劣 を常に気にして生きています。


一方で、自然界の法則に照らすと、
既にわたしたちは完全な存在であり、何も不足がないと考えます。

相対性の中で、そのバランスをいかにとるか、日々の暮らし自体が修行なんですね!


競争社会において自分を見失わずそして、今ある役割も全うしつつ、

こころはどっしり「今ここ」 にある。


行動(労働や社会的関わり)を決してやめるべきでない。

社会的経験から、たくさんの学びと気付きがあります。