悲しみをチカラに変える

悲しいこと


ネパール人の友人が、出稼ぎのため外国に行きました。

本当に心が痛む出来事であり、あーー間に合わなかった。

自分の無力さをうらむ、やり場のない感覚。。


小さな子どもを夫に預け、ブローカーには多額の費用を払い、

「Visaがおりました!」
の許可を受け、彼女は早々に出国して行きました。

出発直前まで、自分が何をやるのか決まっていない。

Visaがいつまで延長出来るのか、出かける時には決まっていない。
最悪、3ヶ月で帰ってくるのかもしれない。


ネパール版のハローワークと職業訓練校を作りたい。
ネパール人の出稼ぎゼロを目指したい。

技術やスキルを身に付けて、自分の意思と経済力で行きたい国に行けますように。


生きている間にどこまで出来るのか、わからないけど、後継者の業務を引き継げる環境までは作りあげます。