I am not yogini

ヨガをしている人をヨギとか、女性だとヨギーニと言っていますが、厳密には正しくありません。

ヨギとは、すでに目覚めた人(悟りを得た人)のことを言い、私のようにヨガの練習を行なっている人の事はサーダナーと言って“修道者” という表現が適切です。

ヨガは、眠らないとか、食べないとか、洞窟にこもるとか、極端なものを奨励する事はなく、むしろ日常生活の体験を大切しています。

人との関わり、社会との関わりからたくさんの学びがあるからです。

私達はなぜ生まれて来たのか?


それは、欲望を解消するためです。

時間の中に生き、有限な肉体を持つ私達の人生で、後悔のない最期を迎えたいですよね。

そして、欲望の種が燃え尽くされた時、私達は輪廻から解放されると考えられています。

1) 行為行動の結果に執着せず、純粋に楽しむ。
sattva

2) 勝ち負けに固執して、常に渇望を続ける。
rajas

3) 考えているだけで何もしない。
tamas

さて、これを読んでくださっているみなさんはどのパターンを選択するでしょうか。

いつでも、どんな事でもsattva な状況で過ごせるのが理想です♬