11月ネパール行く人募集中。現地で合流しましょう

毎年11月頃と4月頃、ネパールに行っています。

トレッキングをしたり、美容視察と称してネイルサロンやヘッドスパを受けに行ったり、支援先の村を訪問したり、ヨガしたり、アーユルヴェーダ施設に行ったり、その時々で参加者に合わせて考えています。

ネパールにせっかく来ようと思った方達に、心に残る時間を作りたいし、ただ楽しかった!だけでなくもっといろんなものを持って帰ってもらいたい、そんな思いです。


ネパールは三年前の大地震以降、日本からの渡航者は減っています。他の諸外国からの渡航者は戻ってきているようですが、日本人はやはり地震に敏感なのでしょうか。。。。
また、若い世代の旅行者も比較的少ないように感じます。
最近アジア人で見かけるのは、圧倒的に中国人と韓国人です。

観光が主な産業の一つである国。
観光産業が大切な収入源の一つなのに、その数が減少しているとしたら、それはどんなことが起こっているか想像に易しいと思います。

“失業者数が顕著” とは綺麗な言い方で、とにかく仕事がない! 驚くほどに収入がない期間が長い(それは永遠なのかとも思える程に)

どうやって家族が暮らしているんだろうとか、税金は滞納しているのか否か?!
学校は行かないの?!
でもなんで笑顔が美しいの?!

とか、疑問な事だらけです。

知れば知るほどに、自国との違いに驚き悲しみ、問題が大きすぎて焦燥感を覚える。

何をどうすればよいんだろうと。。。
でも、
答えはないし、見つけようとする必要はない気がします。考えているだけで一生が終わると思うから笑笑

なので私は、こうして情報を発信し続け、ネパール行きたい!どんなとこ?!って興味を持った方々と話しをして、必要であれば現地をご案内する。必要な人材や機会をコーディネートする。

そんな日本とネパールの架け橋を始めたところです。